地域の吹奏楽団体に所属し音楽を演奏すること

“私は中学校1年生から吹奏楽部に所属していました。
中学・高校と吹奏楽を続けてきましたが、就職後は楽器からは離れてしまいました。
就職後も心のどこかで楽器をやりたい気持ちがありましたが、楽器を演奏できる環境がなく諦めていました。
丁度そのころ、住んでいる地域に吹奏楽団体が発足したことを知り、練習に参加することにしました。
楽器を演奏できる楽しみ、そして新たな仲間との出会いがあり、とても充実した練習でした。
楽器を続けることを諦めていたので、この吹奏楽団体に出会えてよかったと思っています。
そして、気が付けば8年も吹奏楽の団体に所属したくさんの仲間と出会いました。
普段の仕事では絶対に出会えないような人もいます。
楽器を演奏することはもちろんですが、様々な年齢・職種の方に出会えるのも魅力のひとつです。
音楽は年齢、性別、人種を問わない…まさに世界共通語です。
初めて会った人とも楽譜を通せば同じ音を出すことができます。
楽器を演奏し、たくさんの人に出会うこと。
音楽は私の生活には欠かせない大事な趣味となっています。”dangerformayor.com